台風13号が関東を直撃!?

2018.08.06 台風13号・気象協会.jpg



台風13号が関東を直撃!?

台風13号が暴風域を伴って関東を直撃しそうです

予報によると、台風13号は今夜から明日7日未明にかけて小笠原諸島に接近する予報を出しています。

その後も台風13号は北上し、8日から9日にかけて関東に接近、上陸の恐れがあるそうです。

台風13号は、海面温度が高いために、強い勢力を維持し、暴風域を伴ったまま近づく予報が出ています。

その後、関東付近で急カーブして、東北沖に進む見込みです。

 

台風13号の特徴

暴風域を伴ったまま関東を直撃して、大荒れの恐れがあり、関東付近で速度が遅くなるので、土砂降りが1日以上続く恐れがあるとのことです。


関東甲信は滅多にない大雨?

関東甲信は湿った空気の影響で、8日の夜半から9日の朝まで風と雨のピークになるとの予報です。

この雨は、傘が役に立たないような大雨で、暴風が吹き荒れる恐れがあります。 広い範囲での災害が心配です。

また、交通機関に影響が出る可能性があり、通勤時には十分な注意が必要です。

皆さん、災害には十分に気を付けましょう。















この記事へのコメント